ドクターX3 第8話

ドクターX3 第8話 ストーリー

ドクターX3 第8話
2014年11月27日放送
「…待つ」

ある日、大門未知子(米倉涼子)は「国立高度医療センター」内で、1冊のノートを拾う。それは原因不明の難病「肺静脈閉塞症」で入院している小学生・八田ちひろ(小林星蘭)と、その母・八田和美(堀内敬子)の筆談ノートだった。その記述から、ちひろが生命の危機にさらされていることを読み取った未知子は、総長の天堂義人(北大路欣也)にオペを担当させろ、と直談判するが・・・。

引用元:公式サイト

"ドクターX3 第8話"への4件のコメント

  1. より:2016/07/13 10:52 AM

    大門未知子のオペ姿かっこいい

  2. トリトン より:2015/10/25 6:44 PM

    面白い

  3. あぱー より:2015/04/02 6:34 PM

    遠藤さんって人の命を救う人も殺す人も演じるね

  4. ゆい より:2015/01/14 12:34 AM

    城之内先生と大門先生とのオペかっこ良すぎ!

"ドクターX3 第8話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ