忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ 第18話

忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ 第18話 ストーリー

忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ 第18話
2017年2月11日放送
「悲願」

喜世=左京の方(武井咲)は自らの素姓を明かして赤穂浪士遺児救済を願おうとするが家宣(平山浩行)に口を塞がれる。時を待てと言われ、喜世は家宜のお召しを待つ日々を送る。側室三人によるお腹さま、つまり誰が殿の子を宿すかの争いが始まったのだ。やがて将軍綱吉の生母桂昌院の死去にともなう恩赦で、遺児は流刑を解かれ・・・。

引用元:公式サイト

"忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ 第18話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のアニメ

このページの先頭へ