「まっつぐ 鎌倉河岸捕物控 一覧」の記事一覧

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 13話 最終回

13話『若親分誕生』 まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~の第13話は、政次(橘慶太)は独りで下駄貫(前田健)の敵討ちに行こうとするが、亮吉(中尾明慶)らに見咎められ、亮吉たちが政次の指図で探索を行うことになる。政次は春太郎(中山・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 12話

12話『下駄貫の意地』 まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~の第12話は、五人組の引ったくりが頻発し、政次(橘慶太)を始め金座裏の手先たちが追う。下駄貫(前田健)は政次が宗五郎(松平健)の跡継ぎになりそうなことに反発して、仲間とは・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 11話

11話 まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~の第11話は、女を食いものにしてきた治助(若山慎)が殺され、日和下駄が片方残されていた。政次(橘慶太)は治助を捕らえたことのある宣太郎(石倉三郎)から手掛りを得て、治助の幼馴染のおしま(・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 10話

10話 清蔵(竹中直人)とおもん(佐藤藍子)は恋仲になる。千社札を葵の御紋の上に張ると脅して、大店から金を強請る旗本が出没。宗五郎(松平健)はおもんを訪ね、千社札を作ったのか誰か聞き出して帰る。おもんは宗五郎の来訪が、捜・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 9話

9話 建具師の娘が殺された。娘は一番弟子の仲蔵(高橋宇無)と婚約していたが、仲蔵には別の女がいて怪しい。宗五郎(松平健)は、娘と相思相愛で仲蔵に復讐する機会を狙っている弟子の和吉(里中隼人)と仲蔵を誘き出す…。→[adr・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 8話

8話 金座の手代が殺され宗五郎(松平健)と政次(橘慶太)は板橋に行く。亮吉(中尾明慶)は盗賊が宗五郎を殺して金座襲撃を企てているのを知り、尾行するが捕まる。政次は亮吉のメモを発見。昔、宗五郎が捕らえて島送りにした猪左衛門・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 7話

7話 亮吉(中尾明慶)は金座裏を飛び出す。大工の弟子が借金返済の証文を奪われ、宗五郎(松平健)の探索で、金貸しの善兵衛(阿南健治)とニセ坊主の眼斎(大島宇三郎)が仕組んだ事件と分かる。政次(橘慶太)の発案で、善兵衛の妾の・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 6話

6話 政次(橘慶太)は宗五郎(松平健)の手先として働き出す。駿州のヤクザ竹松(赤星昇一郎)が村人を搾取している惨状を藩主に訴えようとして、京太郎(石田卓也)が訴状を掏られる。政次と亮吉(中尾明慶)が、京太郎の宿に竹松と弟・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 5話

5話 政次は松六が残した判じ物を読み解いて松六を探す。宗五郎は14年前の事件を調べ、殺された新山善右衛門の遺児を松六が匿っている場所がわかり、政次と合流。宗五郎は政次の推察力に感服する。武士の一団が現れ、松六と新山の遺児・・・

まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~ 4話

4話 松阪屋の松六が政次を連れ墓参りをした帰りがけに武士に襲われる。政次の機転で松六は命拾いすることがでたが、転倒して頭を打ったため記憶喪失になる。政次は松六がお参りした墓を調べ…。→[adrotate group=&#・・・

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ