「黄金の豚 一覧」の記事一覧

黄金の豚 第9話 最終回

樫永総理(伊武雅刀)の疑惑に肉薄した芯子(篠原涼子)、角松(大泉洋)、金田(桐谷健太)は謹慎を言い渡される。「ホントにこれでいいの?」とイラつく芯子だが、いまはカイケンを去るしかなかった。樫永総理から責任を取るよう言われ・・・

黄金の豚 第8話

工藤(岡田将生)は、久留米(宇津井健)から内閣総理大臣・樫永(伊武雅刀)の秘書官として働かないかと誘われる。工藤はためらうが、久留米に芯子(篠原涼子)が仮釈放中の詐欺師という事実をもみ消してもいいと言われ、引き受ける。そ・・・

黄金の豚 第7話

芯子(篠原涼子)らは、前アブラビ大使の絵画横領疑惑に注目する。大使が現地大使館所蔵の絵画を退任の際に持ち出し、銀座のクラブのママにプレゼントしたらしい。調べると、大使館の所蔵品リストから絵画がもう1枚消えていた。芯子らは・・・

黄金の豚

2010年度の国家予算、92兆円――、その財源は、庶民が汗水たらして働き納めている税金。だがその庶民の汗の結晶を、私利私欲のために騙し取り浪費する者がいる——。 彼らは、「国民のため」という偽善の・・・

黄金の豚 第6話

費(科研費)を使う、東京国立大学の遺伝子工学のスター教授・響ゆかり(鈴木砂羽)。だが当の響は人当たりのいい女性で、怪しいとされた領収書もつじつまの合うものだった。また東京国立大学は優(岡田将生)の母校でもあった。 さっそ・・・

黄金の豚 第5話

茶々(近藤芳正)から芯子(篠原涼子)の身元調査を命じられた明珍(生瀬勝久)は、その意図が分からず困惑する。そんな中、工藤(岡田将生)は以前行われた調査の報告書に注目する。60人しか児童がいない小学校の耐震工事で、6億円も・・・

黄金の豚 第4話

芯子(篠原涼子)らは、角松(大泉洋)の故郷の村に出張調査に向かう。地方交付金で行われた護岸工事の手抜きを疑う陳情書が届いたのだ。角松は、芯子との結婚が詐欺だったことを母親のふな子(大川栄子)に伝えていないため、気が気でな・・・

黄金の豚 第3話

長の国枝(神保悟志)が院長の桜井(品川徹)を差し置いて、病院を牛耳っていることに疑問を抱く。一方の工藤(岡田将生)は、3年前の500億円にも上る病院の建て替え費用に注目。精査するための資料の提出を要求すると、圧力がかかり・・・

黄金の豚 第2話

芯子(篠原涼子)らは、東京警察署の機密費流用疑惑を実地調査する。素性がばれる前に調査を終えたい芯子だが、工藤(岡田将生)が不自然な領収書を発見する。領収書は偽造で、日付も金額も同じ日に催された宴会と一致する。工藤は、この・・・

黄金の豚 第1話

仮出所中の元詐欺師・芯子(篠原涼子)は、ひょんなことから出会った久留米(宇津井健)にスカウトされ、特別調査官として会計検査庁で働くことに。かつて芯子に結婚詐欺でだまされた主任の角松(大泉洋)は意外な再会に戸惑う。一方、新・・・

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ