「荒ぶる季節の乙女どもよ。 一覧」の記事一覧

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第8話 最終回

泉に告白するなら今だと言う新菜に、百々子の感情も爆発。そして、自身の気持ちを問い詰められた泉から咄嗟に出た言葉とは・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第7話

ひと葉(田中珠里)を乗せた山岸先生(古川雄輝)の車がホテルに入っていくところを目撃してしまい、り香(横田真悠)はひと葉と山岸先生に不信感をつのらせていき・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第6話

泉(井上瑞稀)と、り香(横田真悠)の浮かれ気分の2人をよそに、初めての恋に執着することに決めた新菜(玉城ティナ)は、ある行動に出て・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第5話

“恋の伝説”を広めるため、文化祭での朗読劇の準備に勤しむ文芸部。泉(井上瑞稀)に告白する決心を固めた和紗(山田杏奈)は、朗読劇の主役に自ら名乗り出たものの・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第4話

文化祭が盛り上げるための“恋の伝説”を作りたいという実行委員の依頼を受けた文芸部の5人は本郷ひと葉(田中珠里)の提案で、合宿を行っていたが・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話

新菜(玉城ティナ)は、和紗(山田杏奈)に自慰を目撃されて以降、思い悩む泉(井上瑞稀)のお悩み相談にのることに。そこで、ばったり再会した相手に新菜は・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第2話

和紗(山田杏奈)が部活で「セックス」の代わりとなる言葉を考えていたところ、突然、文芸部の“廃部”が通告されてしまう。部長として責任を感じるが・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1話

小野寺和紗(山田杏奈)は「掃き溜め」と揶揄されている文芸部に所属している高校1年生。ある日、文芸部で語り合っていると、一人が・・・。

荒ぶる季節の乙女どもよ。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は2020年9月9日からTBS系列にて放送。主演は玉城ティナ・山田杏奈。 「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載されていた岡田麿里さんの大ヒット漫画を原作に実写ドラマ化することになった。 ある・・・

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ