悪夢ちゃん 第9話

悪夢ちゃん 第9話 ストーリー

悪夢ちゃん 第9話
2012年12月8日放送
「皆夢」

武戸井彩未(北川景子)が担任するクラスで図工の時間に「自分の一番遠い記憶」という課題で全員が絵を描いた。近藤七海(大友花恋)と月本奈央(土岐瑞葵)は貼りだされた1枚の絵を見て恐怖を覚えた。それは古藤結衣子(木村真那月)の描いた“天使の羽がついた白いブランコ”の絵だった。七海と奈央は“天使の羽がついた白いブランコ”のロゴを掲げる団体が行なっている雑誌の撮影会に何度か参加し、読者モデルにならないかと誘われていた。しかし、よくよく調べてみると、その団体に関わった子供たちは次々に姿を消していて・・・。

引用元:公式サイト

"悪夢ちゃん 第9話"への25件のコメント

  1. kanon
    No: 121729 2014/06/10 21:03

    悪夢ちゃん大好き!!

  2. 彩未先生は美人❤
    No: 108449 2014/05/11 15:45

    私、悪夢ちゃんの映画見に行きました。すごく面白かったです。グッズもあったので買ちゃいました。まぁ、小説ですけどね。
    でも、悪夢ちゃんのスペシャルの時の小説だったのでつまらなかったけど、読んで思い出したからよかったです。

  3. 彩未先生可愛い!
    No: 106098 2014/05/06 22:11

    最後のシーンめっちゃいい!可愛いし、ドッキとする。

  4. sio
    No: 105074 2014/05/04 20:57

    らいだーにたすけられたーい

  5. 花咲紫音
    No: 74371 2013/11/06 18:36

    悪夢ちゃんの映画楽しみにしています( ´艸`)

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ