警視庁捜査一課9係 season8 第3話

警視庁捜査一課9係 season8 第3話 ストーリー

警視庁捜査一課9係 season8 第3話
2013年7月24日放送
「逃亡者の殺意」

雑居ビルの一室で、10年前の建設会社爆破事件の主犯として指名手配されていた飯野(比留間由哲)の刺殺体が発見された。現場からは多数の“飛ばし携帯”が見つかり、いわゆる“振り込め詐欺”に手を染めていたらしい。10年前、飯野は自らが勤めていた建設会社を爆破。横領の疑いで解雇されたことへの逆恨みが犯行の動機だったが、同様に解雇された麻生(土佐和成)も指名手配されていた。飯野と麻生、さらに正体不明のもう一人の共犯者は現場となった雑居ビルに同居、詐欺で稼いでいたようだ。とすると、飯野は・・・。

引用元:公式サイト

"警視庁捜査一課9係 season8 第3話"への1件のコメント

  1. より:2013/08/31 11:46 AM

    井ノ原快彦演じる浅輪直樹のデスクに掛けられている
    楽器って何ですか?

"警視庁捜査一課9係 season8 第3話"へコメントしてね!

放送中ドラマ・アニメ

放送中のドラマ

放送中のアニメ

このページの先頭へ